Netflixのスタートレック配信。フェレンギおすすめエピソード


(この記事はTOPページの先頭に固定表示されるよう設定してます)
NetflixでスタートレックのTVシリーズ配信が始まりました。ここでは、フェレンギ人が活躍するエピソードをまとめてみました。
タイトルのリンクから動画に飛べます。(2017/01/01更新、TNG追加)

 

スタートレック:THE NEXT GENERATION

★第1シーズン

“The Last Outpost”「謎の宇宙生命体」
[フェレンギ人初登場エピソード]
エンタープライズはガンマ・タウリ4号星からエネルギー変換機を盗んだフェレンギ船を追跡する。だが、双方の艦に謎のパワーダウンが起こり…。
“The Battle”「復讐のフェレンギ星人」
エンタープライズは会談のためセンディ・サブ恒星系でフェレンギ・マローダーとランデブー、3日間待機させられる。ピカードは謎の頭痛を訴える。その時、デイモン・ボークからピカードにスターゲイザーをプレゼントすると申し出が…。

★第2シーズン

“Peak Performance”「限りなき戦い」
宇宙艦隊初の演習で、ピカード指揮下のエンタープライズと、ライカー指揮下のハサウェイが対決。そこへフェレンギ艦が割り込む。ハサウェイに重要物資が搭載されていると勘違いし襲撃を開始するが。

★第3シーズン

“The Price”「非情なる駆け引き」
エンタープライズで、ガンマ宇宙域への安定したワームホールの使用権を巡る競売が開催された。
“Captain’s Holiday”「大いなるホリディ」
ピカードはライサで休暇を取ることにした。そこに現れた考古学者ヴァッシュ、そして彼女をつけ狙うフェレンギ人ソヴァク。さらに未来から来たというヴォルゴン人。彼らの狙いは?
“Menage a Troi”「愛なき関係」
ベタゾイドでの2年に1度の貿易会議が終了。初めてフェレンギも参加した。その閉会パーティーでフェレンギ人トグはラクサナのテレパシー能力で儲けようと接触。だが拒否され、ラクサナとディアナを誘拐してしまう。

★第6シーズン

“Rascals”「少年指揮官ジャン・リュック・ピカード」
ピカード、ロー、ガイナン、ケイコの4人は事故で子供になってしまう。その時、フェレンギ人がエンタープライズを乗っ取る。

★第7シーズン

“Bloodlines”「怨讐の彼方に」
デモン・ボークが再びピカードへの復讐を企て、ピカードの息子を殺そうとする。

————————————————–

スタートレック:DEEP SPACE NINE

★第1シーズン

“The Nagus”「宇宙商人フェレンギ星人」
グランド・ネーガス・ゼクがDS9を来訪。ガンマ宇宙域進出についてのフェレンギ会議を開催する。そして次のネーガスにクワークを指名したゼクは、そのまま息を引き取り…

★第2シーズン

“Rules of Acquisition”「フェレンギ星人の掟」
閉店後のクワークのバー。クワーク達がトンゴをプレイ中、ネーガスから連絡が。ガンマ宇宙域への進出をクワークに命じたのだ。ウェイターのペルをアシスタントに任命、ガンマ宇宙域のドサイ人との交渉に臨む。
“Profit and Loss”「クワークの愛」
故障したカーデシアの船がDS9に牽引された。乗船していたのは、かつてのクワークの恋人、ナティマとその教え子2人だった。彼女はカーデシアに革命をもたらそうと活動中だった。

★第3シーズン

“The House of Quark”「クワークの結婚」
閑散としたクワークのバーで、12杯飲んだ上にツケ払いを要求するクリンゴンが。クワークが注意すると、クリンゴンはナイフを抜き、…クワークともみ合った末にそのナイフで死んでしまう。クワークはそれを武勇伝として店に客を呼ぶネタにしていたが…。
“Prophet Motive”「新・金儲けの秘訣」
ゼクがDS9へ。金儲けとは全く無縁の「新・金儲けの秘訣」を発表し、人が変わったように慈善事業を始める。
“Family Business”「クワークの母」
クワークのバーに、フェレンギ会計監査局(FCA)のブラントが訪問。立ち入り監査が行われ、さらにクワークの母・イシュカの違法行為について供述書と罰金を請求された。その違法行為とは…イシュカは女性でありながら、金儲けをしたというのだ。クワークはイシュカに供述書を書かせるため、フェレンギナーに帰る。

★第4シーズン

“Little Green Men”「フェレンギ人囚わる」
クワークはいとこのゲイラに借金返済としてフェレンギシャトルをもらう。クワークは試運転も兼ねて、ロムと共にノーグを地球へ送っていく。だがシャトルにはゲイラのワナが仕掛けられていてワープを解除できない。”たまたま” 搭載していたキマサイトを使ってブレーキをかけるつもりが…過去の地球へタイプスリップしてしまう!
“Bar Association”「ロムの反乱」
ベイジョーの浄化月間によりバーの儲けはさっぱり。クワークは従業員の給料カットに踏み切るが、それがロムを怒らせることに。ベシアやオブライエンのアドバイスに従い組合を結成する。
“Body Parts”「クワーク、絶体絶命」
クワークはフェレンギナーの帰省から帰ってきた。だが、その時の定期検診で不治の病「ドレク症候群」だと診断される。ロムの意見を取り入れ、自分の遺体を先物取引に出すが、超高額で落札したのは…。

★第5シーズン

“Looking for Par’Mach in All the Wrong Places”「クワークの再婚」
クリンゴン人グリルカがDS9を訪れる。クワークに、財政記録を見てもらい、アドバイスをもらうためだ。クワークはグリルカの気を引こうと、ウォーフとジャッジアに相談を持ちかける。
“The Ascent”「あの頂を目指せ」
インフェルナ・プライムの連邦大陪審にクワークが召喚された。オドーと共にランナバウトで向かう途中、何者かの仕掛けた爆弾が爆発、Lクラスの惑星に不時着する。険しい山の頂上まで発信機を運ばないと、救難信号が大気圏を突き抜けられない。二人はやむなく登山を開始する。
一方DS9。ノーグが士官候補生としてDS9へ配属される。ジェイクと二人で住むことになったが、アカデミー生活ですっかり真面目になったノーグと、最近だらしないジェイクは対立、ケンカしてしまう。
“Business as Usual”「武器を売る者」
クワークは行き詰まっていた。ビジネスライセンスをはく奪され、取引も商売もうまくいかないのだ。そんな時、クワークのバーに従兄弟の武器商人ゲイラが訪れた。クワークの才能を生かし、武器売買をしようと持ちかけてきたのだ。
“Ferengi Love Songs”「愛の値段」
投資がうまくいかず、破産寸前のクワーク。ロムの勧めで母イシュカに会いに行くが、彼女は意外な人物と恋仲になっていた。
“In The Cards”「プレゼント大作戦」
●ノーグとジェイクがメインとなるエピソード。
ステーションはドミニオンとの緊張感からくる不安で、落ち込んだ雰囲気に包まれていた。ジェイクは父を励ますため、ノーグの協力を得てクワークのバーで行われるオークションに出品される「ベースボールカード」を競り落とそうとする。

★第6シーズン

“The Magnificent Ferengi”「闘う交渉人フェレンギ」
イシュカがドミニオンに誘拐されてしまった!ゼクからクワークに救出命令が下った。報酬はラチナムの延べ棒50本。クワークはフェレンギのプライドにかけて、フェレンギ人だけの救出チームを編成する。
“Who Mourns for Morn?”「モーンの遺産」
モーンは2週間前から出かけていた。だが、彼の乗った貨物船がイオンストームに巻き込まれ…モーンは死亡してしまった。葬式の後に見つかったモーンの遺書には『すべての遺産をクワークに譲る』とあった。だが直後、クワークの元に次々と妙な訪問者が現れる。
“Valiant”「過信」
●ノーグとジェイクがメインとなるエピソード。
ノーグは連邦議会からグランドネーガスへの同盟に関する外交文書を渡すという外交任務のため、ジェイクとランナバウトでフェレンギナーへ向かう。しかしその途中でジェムハダーに襲撃され、ヴァリアントという艦に救出される。艦は、士官候補生のエリートグループ「レッドスクワッド」が運行していた。
“Profit and Lace”「グランド・ネーガスは永遠に」
フェレンギナーと連絡が全く取れなくなってしまった。そこへ、ゼクとイシュカがDS9へ来訪。ゼクは、女性に服を着て、金儲けをする権利を与えたのだ。だがそのためにグランドネーガスの地位を追われてしまい、「暫定」グランドネーガスとしてブラントが就任してしまった。FCAがブラントを正式なネーガスに承認するのは3日後。クワーク達はなんとかして彼の就任を阻止し、ゼクを元の地位に戻そうと策を練る。

★第7シーズン

“It’s Only a Paper Moon”「ペーパームーンに抱(いだ)かれて – 戦争の影パート II」
●ノーグがメインとなるエピソード。
負傷したノーグは病院から療養休暇としてDS9に戻ってきた。ヴィックの歌を聴き、療養地にホロスイートを選んで引きこもってしまう。現実世界を恐れ、心を閉ざすノーグ。
“The Emperor’s New Cloak”「平行世界に消えたゼク」
ゼクが行方不明に。そんな時、ミラー宇宙からエズリがクワークを訪問。ゼクが同盟軍に捕まり、助けるには遮蔽装置を持ってこなければならない。クワークとロムはマートクの船の遮蔽装置を盗み、ミラー宇宙へ向かう。
“The Dogs of War”「自由への叫び」
●サイドストーリーで展開。
ゼクがグランドネーガスを引退することを表明し、後継者にクワークを選んだ。次期ネーガスに取り入る目的でブラントがDS9に来るが、彼に聞いたフェレンギナーの現状に驚くクワーク。

 

スタートレック:VOYAGER

★第3シーズン

“False Profits”「救世主フェレンギ」
ヴォイジャーは付近の星系にワームホールが現れた痕跡を発見。情報を得るため、生命反応のある惑星を発見するが、同時にレプリケーターのエネルギー反応も見つける。上陸して調査を進めるうち、「タカール」の住人はみんな商売に熱心なことと、「セージ」と呼ばれる指導者がいる事に気付く。その時、上陸班の目の前に現れたのは二人のフェレンギ人だった。

★第7シーズン

“Inside Man”「幻の帰還計画」
艦隊司令部からの定期通信に、バークレイのホログラムが含まれていた。ヴォイジャーをアルファ宇宙域に移動させる計画を持ってきたのだ。しかし、そのホログラムは3人のフェレンギ人が細工をしていたのだった!フェレンギは、セブン・オブ・ナインのナノプローブでひと儲けしようと企んでいたのだった。

 

ENTERPRISE

★第1シーズン

“Acquisition”「獲物たちの罠」
エンタープライズに押し入った強盗はフェレンギ人だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Help

WordPress theme: Kippis 1.15