2008年05月24日

●アオイシロ、オブリビオンプラチナ、アイマスカタログ第4号 

アイマスカタログ第4号
PV観ました、新曲は「まっすぐ」系でかなり良い感じですねー。こういう曲は好きです。
そして宇宙服、これはまた思い切ったものを(笑) これはやよいに着せたいですね、宇宙うっうー(「う」がたくさん)


まあしかし、もうすぐ来るのではないかと噂されてるオブリビオンの追加DLCのために、ポイントは温存しておかなくてはなりません。
オブリビオンは7月のプラチナコレクションラインナップに加わったので、ぜひこの機会に遊んでいただきたいと思います。

----------------------------
・
ちゃん付けで呼んでもらいたい綾代さん。
そしてアオイシロ、とりあえず全ルートのトゥルーエンド見ました。ミニゲーム「鬼切りの鬼」も裏面含めてクリアしました。

全CG達成率96%、キャラ別で100%達成はカヤ・佑快・背景。
BGMはコンプリート。
用語辞典は97%
結末到達度 39/56 です。あと17個もエンディングが…。

以下感想など、ネタバレ注意。

保美ルート … 保美はかなりガチなので、なんかもうニヤニヤが止まらなかったですよ(笑) 汀ルートでの汀への嫉妬もあからさまだったし、この子はわかりやすくて良い。
終盤、連れてきてたナミが思い出したように出て来て《剣》で封印とか、ちょっと盛り上がりに欠けたかなぁ。
コハクが完全に悪役ポジションに入ってて、このルートを最初にクリアするかどうかで印象が変わってくるかもしれませんね。そして根方のおっさんがかっこいい。

カヤルート … 夏姉さんはクールな烏月さんタイプかと思ったら、梢ちゃんハァハァで柚明さんタイプな人でしたか。いけない、ネタキャラになりそうな予感。
それよりもこのルート、保美ルートよりさらに根方のおっさんがかっこいい!「娘をよろしく頼みます」と頭を下げて《門》に入っていって…これは惚れるわ。

コハクルート … この人はどうしても中性的なイメージが抜けなくて、最後まで「戦友」感覚でした。オニワカや双子の兄、義父の馬瓏琉に安姫様と時代的な意味でもストーリー的な意味でも、深いキャラで実に楽しめました。
「瓏琉、瓏琉、馬瓏琉!」とよく連呼するのが、声とテンションが相まっていつもドキドキします。

ナミルート … ナミはしゃべりだしてからがまたかわいい。
実はしょっぱなにナミルートに入り込んでたので、他のルートで封印解除後、続きをやるという中途半端な状態になりました。
終盤のあれ、ケーキ入刀にしか見えなかった(笑) なんか終わり方があっさりな感じが。
エンディングのサンタ洋服ナミはギャップもあってか、すごくかわいいですね。

グランドルート … こちらも、ナミルートで封印解除されたのでそのままうっかり途中まで入り込んでました。ここのルート封印はガッチリやっといた方がよかったのでは…。
このルートでは摩多牟かわいいよ摩多牟。全員集合ルートで燃える展開なんですが、しかしオサの如意棒はねーよ!(笑) どこのT2000だ。
エンディングはロングバージョンで、ずっと前に公式サイトで登録受付してた希望者の名前が表示されます。「宇宙りんご」の文字が…(笑)

ミニゲーム「鬼切りの鬼」… 全3ステージ+隠しボス撃破、裏面の全3ステージもクリア。隠しボスと裏面の主様が難易度高くて、半分泣きながらやってました。そして裏のエンディング自重(笑) しかしCGギャラリーとかには登録されないのか…残念。

とりあえずひととおり完了ということで、あとはネタバレ機能の「未読部分の半透明表示」を解放して残りのエンディングやCGをコンプリートしていきたいと思います。

今回は前作よりもメインキャラが立ってないかな?という印象を受けましたが(百子がやたら目立ってるし姫先輩はかわいいです)、アカイイトから始まった世界観を広げるに充分な内容だったと思います。
30日にはファンブックも出るとのこと。忘れずに購入!

《5/25 ちょっと追記》
セーブファイルはフォルダ別に管理できるので、各ルート終盤のセーブファイルを集めた「最初からクライマックスフォルダ」や、姫先輩の活躍シーンばかりの「綾代フォルダ」などを作成してます。

Posted by Umekaz at 2008年05月24日 14:31
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://umekaz2.sakura.ne.jp/umeblog/mt-tb.cgi/3528

コメント

先日もお邪魔したHyuですが…引き続き感想がかぶっているようで(笑)
やっぱり「瓏琉、瓏琉、馬瓏琉!」は耳に残りますよね。
「前作よりもメインキャラが立ってない」という部分にも同意ですが、
個人的にはキャラや百合要素よりも「伝奇」という一点に惹かれて手を出したシリーズだったもので、
その意味では十分満足と言っていいかと。
コハクの正体には割と早い段階で気づきましたが、
ヤスヒメサマの方は攻略順の関係もあってかなり遅くなり、
気づいた瞬間には軽く鳥肌が立ちました。
ケルト神話関係のこともそうですが、この伝説をこう繋げるか、と。
不勉強故、これをきっかけに初めて知った伝説などもいくつかありました。

ところでCG一覧で、食事のときのCG登録がおかしかったのは自分だけでしょうか。
一日目の夕食が登録されて以降、
食事のメニューやその場にいる面子の変化によって生じるバリエーション違いが、
何度見ても一覧に追加されませんでした。ずっと空白のままです。
「最悪、全ルートクリアしてからネタバレ機能でオープンにすればいいか」と考えていたのですが、
さっきふと気づいたら全部まとめて登録済みに。
状況としてはバッドED一つを除いて結末一覧ほぼ制覇、用語辞典99%、ミニゲームは手つかず、
といったところですが、CG達成率はいつの間にか100%です。
どういう仕様になってるんでしょうかね。。

Posted by Hyu at 2008年05月29日 01:48

>Hyuさん
どもですー。
今回は麓川氏自ら「神話の二次創作」と言うような詰め込みようでしたからねぇ、これはお腹いっぱいになりますね。
自分はちょっとその辺疎い方なんで、全体的に驚きと感心の連続でした。
グランドオサの伸びる手もケルト神話になぞらえてたとか、知らないと気が付かない…ビジュアルガイドブックだけでも勉強になりました(笑)

食事CGに関してはバグのようです。
確かグランドルートクリアで、まとめて登録されるんだったかな?

Posted by ウメ at 2008年06月01日 13:20
コメント




保存しますか?