2007年12月31日

●宇宙りんご・2007年総括的なもの 

例年ほど時間的余裕がないため、今年は超簡単に「宇宙りんご」の2007年を振り返ってみたいと思います。
今年は以下のふたつが大きかったですね。


同人活動開始
今年はこれが一番大きな出来事でした。
自分で描いたものを本にして、それを直接手に取って読んでもらう楽しさ。また、同人活動を通して新たな友人もできました。
今年は合同誌含めて二次創作で4冊刊行しましたが、来年はオリジナルもやっていきたいです。

Xbox360購入、アイマスにハマる
アイマスのために買いました。うっうー!四コマとかもまた描きたいですね。

そしてXbox360のソフトいろいろ購入、オブリビオンにハマって抜けられない
デッドライジングやライオットアクトなどを経由し、オブリビオンを購入。この果てしない自由度の高さ、これはとんでもない神ゲーです。9月に買って全然飽きる気配なし。


という感じで来年もマリみて、アイマスあたりを中心にいろいろと二次創作とか続けていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

2007年12月28日

●マリみて新刊とあさぎちゃんクライシス 


買いました、読みました。
(amazonでチェック:マリア様がみてる キラキラまわる / あさぎちゃんクライシス! 1巻)

「あさぎちゃん〜」は自分的にかなり上位に来る四コマ漫画です。全体的に会話がおバカな方向に向かうのが良いです。
メガネ山くんの変態思考に少し共感してしまえる自分が嫌なようなそうでないような。


以下、マリみてネタバレ感想を簡単に。
・今回はキャラが多く、内容的にちょっと散漫な感じになってました。その中で際立ってたのは写真部コンビでしょうか。カメラのない蔦子さんが伯父さんの計らいと笙子ちゃんの影響も受けて成長する、これはいい展開でした。

・紅薔薇姉妹+男二人は免許の件でひと段落してしまって、あとは「遊園地で遊んでただけ」。せっかく瞳子も来てたんだから、祐巳との絡みももっとあってもよかったかなと。

・しかし瞳子と可南子のペアもなかなか良かったのでいいかな。一時期の仲の悪さが嘘のような親友っぷりが気持ち良いです。可南子はネコミミキャラとなってしまって…これはこれでアリかも。

・黄薔薇姉妹。例によって由乃んが悪いんだけど、菜々のこと忘れてたのはまさに失態。それでも、暴走する由乃は由乃らしくてかわいいんですよね。

・いくら平和でネタが無いからって志摩子さんの後付け設定をまたしても…そろそろ勘弁してください。「実は兄がいた」ってのはまだしも、今回のは強引すぎる。
「今回は各姉妹の仲をこじらせよう→白薔薇はとっくにネタ切れ→志摩子の出生をいじって、乃梨子困らせるか」っていうふうにしか見えないんですよねぇ。伏線も無しにこういうことばかりやられるとちょっと。

総評としては…うーん「普通」?登場人物が多すぎたのがやはりもったいなかった感じです。

●マリしろ #101「あなたに会えてよかった」 

年末です。最終回です。
・
よろしくお願いします。

「マリしろ」は今回で終了です。ご愛読ありがとうございました!
というわけで来年からはリニューアルしたマリみて四コマ「リリアンパラダイス」をお送りします。
変更点は以前にもお知らせしたように
・ネタが白薔薇に偏らない
・志摩子さんの性格が原作寄りになる (しかし無意識に黒い所がでたりとか)

といったところです。
第1回は2008年1月4日更新!

2007年12月26日

●オブリビオン/#3-1 シルバー兄さん〜プロローグ 

さかのぼること数週間前…

・シルバー兄さん、私ちょっと旅に出てくるわ。

・うん?あんま無理すんなよ。最近物騒だからな。

こうしてスキングラードから旅立ったブルーさんは、皇帝の息子マーティンを補佐し各地で活躍を始める。
その噂を聞いた兄・ブルーは。

・
なんかあれだな…妹と比べられてばっかで肩身が狭いというか。
自宅警備も飽きてきたし、俺もいっちょボウケンするか。
目標は…スーパー魔法使いだ!これだな。

-----------------------------------------------------
というわけで3rdキャラは2ndキャラ・ブルーさんの実兄シルバーさんです。
ブレトンの見習い座でクラスは「兄さん」。兄ですから。

シルバー兄さんにはいろいろと制限を設定して遊びます。
・難易度バーは真ん中。
・ファストトラベルと馬禁止。つまり移動は全て自分の足のみ。
・服・各種装備を着用しない。シルバー兄さんは服が嫌いで、常にぱんついっちょです。(このため闘技場で戦う事が出来ず、タマネギの出番も無し)しかしアクセサリー類は好きなので装備してます。
・戦闘スタイルは魔法中心。武器は実体化させた召喚ダガーのみ。とにかく魔法を駆使して戦う。
・所持金を増やすための増殖バグは許可。実家が金持ちという設定なので。
・基本的に善人。盗み・いわれなき殺人はなるべく避ける方向で。しかし範囲魔法で店やギルドの棚のアイテムを吹っ飛ばすようなイタズラは大好きです。


こういう感じですが、現状は1日30分ゲームできるかどうかという状況なので次のプレイ日誌はしばらく先になります。
一応ある程度進めてはいるんですけどね。

2007年12月21日

●アイマスカタログ12号ほか 

アイマスカタログ12号公開、配信は12/26から
キャラによって似合う似合わないが出そうな気が…春香とかにはよさげです。

CDも新展開、MASTER LIVEシリーズ始動だとかで。(コロンビア公式サイト)


バンダイナムコゲームス、10秒でわかる、あなたのゲーム力 DS「ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと! うでだめし」
これは期待。これを機にワギャンシリーズやスカイキッドがVCに来てくれればいいんですけどねー。マッピーもまだなんですよね。


そしてニコニコ
エースコンバット6 痛いガルーダ隊2 BGM:GO MY WAY
まあ、なんというか…(笑)

TES4 Oblivion  オブリビオン 体鍛えて帝都越えジャンプ!
いつかはこれやってみたいものです。Xbox360版でもできるかな?

OBLIVIONで水銀燈と真紅を作ってみた
良い再現度です。小っちゃい(笑)。こういうの観るとPC版のMODでの自由度もうらやましくなったり。

●マリしろ #100「のりこサンタ」 

呼ばれて飛び出て。
・
どういうこと?まさに聖夜の奇跡。
次回・最終回は12月28日更新!
そして、2008年からのマリみて四コマのタイトル発表とかも?(まだ考えてない)

2007年12月18日

●オブリビオン/#2-4 シロディールの英雄ブルーさん 

空いた時間に少しずつ進めてまして、ようやくメインクエスト完了です。
そして次は…

「ブルーマに援軍を」(続き)
オカート書記官によると、デイドラ侵略の対応に追われてて帝都からの援軍はムリだとか。
ブラヴィル、コロール、スキングラード、アンヴィルに現れたオブリビオンの門を閉じて要請完了。クヴァッチもOK。

「ブルーマ防衛」(続き)
各都市への援軍要請は完了、マーティンも出陣して「大いなるオブリビオンの門」出現に備える。
三つの門が開いた時、大いなる門が現れる。それまでシロディール連合軍はマーティンを守り一致団結して戦い抜く。
うっかり衛兵を斬り殺しつつも大いなる門が開いたので、すぐに飛び込むブルーさん。
オブリビオンの次元では攻城装置が作動し始めていて、それが門をくぐる前に偉大なる印石を取り、門を閉じなくてはならない。
デイドラたちの攻撃をかいくぐり、印石をゲット。大いなる門の閉鎖に成功した。印石をマーティンに渡してクエスト完了。
ジョフリーがいつの間にか死んでた…。

「楽園」
楽園に行き、マンカー・キャモランから王者のアミュレットを奪還しに行く。
転移門から楽園へ突入…、なんかきれいなところです。とりあえず道沿いに進んで行き、その途中でドレモラのカステットと会話。戦うか、下僕になるか…戦うしかないでしょう。カステットを撃破して、「選ばれし者の輪」を入手。

洞窟の奥から禁断のほら穴へ。エルダミルというハイエルフが協力を申し出て、それを受ける事にした。
ドレモラのオルセの前で囚人のふりをするよう指示をもらってたけど、あれ溶岩の中に沈められたらヤバいんじゃないの?そう考えた瞬間、ブルーさんはオルセに矢を放ってました。始末して、次の部屋へ。
…ちょ、先に行ったエルダミルが死んでるんですけど。そういやさっきもオルセはエルダミルを襲ってたなぁ。ともかくいきなり襲ってきたドレモラ二人を始末して奥へ。
さらに先に進むと…エルダミルが生き返ってた。選ばれし者の輪をはずしてもらい、一緒にキャモラン討伐へ向かう。
洞穴から外へ。キャモランのいる建物に入ってすぐ隠密射撃で撃破、アミュレットを取り返して曇王の神殿に帰還しマーティンに渡す。

「ドラゴンファイアを灯す」
帝都へ。ブルーマ防衛でうっかり衛兵を殺した分の罰金を払って、元老院のオカートに話をつけに行く。
すでに皇帝即位は決定していたが、その時帝都にオブリビオンの門が開き、デイドラが攻めてきた。マーティンを最高神の神殿まで護衛し、門を閉じなければいけない。
マーティンのあとを追ってデイドラたちを倒しながら走ってると、メエルーンズ・デイゴンが降臨してしまった。って超でけぇ!

マーティンを神殿に送り届けると…マーティンは王者のアミュレットを粉砕し、彼は巨大なドラゴンに姿を変えた…!!
メエルーンズ・デイゴンをオブリビオンの次元に送り返し、マーティンの命と引き換えにオブリビオンの門は永遠に閉じられた。
石像となったドラゴンだけがそこに佇んでいた。

そしてブルーさんはシロディールの英雄となったのだった。

・
メインクエスト終了後に、ブルーマにブルーさんの石像が建ったんですけど…あれ?上衣だけ着てて下半身まるだし!?
しかも単色なのでぱんつはいてないように見えるんですけど。違う意味で英雄だ。


・
ブルーさんの冒険はここまで。そして次からは三人目です。
ブルーさんの実兄、ブレトンのシルバー兄さんが最高の魔法使い目指してパンツいっちょで活躍します。

●THE IDOLM@STER Christmas for you! 

・
amazonがやってくれましたー
「THE IDOLM@STER Christmas for you!」一日早く届きました。(公式サイト/限定生産のためamazonは取り扱い終了のようです)

参加アイドルは天海春香、如月千早、高槻やよい、菊地真、星井美希の5人。
クリスマスソング6曲カバーとオリジナル新曲「メリー」、そして合間にトークという構成です。

もうね…やよいかわいいよやよい。トークはもちろん、カバー曲「サンタクロースはどこのひと」とかね、もうやよいらしさ全開ですよ。
アルバムジャケットのやよいのサンタ(?)服、全体が見えないのが残念です。これ可愛いから描きたかったんだけどもね。

2007年12月17日

●こみっくトレジャー11確定 

・
こみトレ11の参加証が届いたのでサークルカットと共に告知です。
2008年1月20日(日) インテックス大阪2号館 スペースは「N-20a」です。
今回もらいぱのさんと合体での参加となります。

新刊は「マリしろ2007年総集編」と、「対ドルマスター雪歩!2」の二冊。
冬コミ新刊のシムーン合同誌「あさなぎ」ももちろん頒布予定です。


ComicTreasure OFFICIAL SITE こみっくトレジャー11

2007年12月15日

●アイマスとナムコとアニメもろもろ 

※本商品は前作「アイドルマスター」のセーブデータ、ダウンロードコンテンツデータは引き継げません。ご了承下さい。(公式サイト)

セーブデータはともかくとして、DLC衣装くらいは共有にしてくれてもよかったんじゃないのー?
「ビューティフル塊魂」のDLCのやる気の無さ(ステージ追加はもう無し、イッチョウラ配信でDLC終了とか)といい、どうも最近のナムコは…。

まあ、その一方でFC世代直撃な「ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし」を出そうとしたりしてますけどね。メイドインワリオのナインボルトステージのナムコ版ってとこでしょうか。詳しくは発売中のファミ通で。


------------------------------------------------
現在視聴中のアニメでは「みなみけ」がかなり面白いです。(コメントでお勧めいただきありがとうございました)
萌えよりもおバカでゆるい雰囲気を前面に出してていいですね。
誰かがボケた時なんかも、表情をデフォルメ化せずそのまま唖然とした表情にさせてるのが良い。
三姉妹では春香が好きです。こういうお姉さんが欲しい。


「スケッチブック」なんというまったり。相変わらず博多弁のアクセントが気になりますが、それ以外は実に和む。
で、あの美術部はなぜか光画部を思い出すんですよね…おもに涼風コンビのせいか?(笑)


「エル・カザド」これは非常に良かった。エリス百合ゆりなのはもちろんのこと、やはりナディの好感の持てる性格が一番でした。
ストーリー自体もそんなにややこしくしなかったのが良い方向に出てましたね。


「BLUE DROP」は自分的にいまひとつだったので5話くらいで切っちゃいました。何がやりたいのかよくわからなかった。
こういうのは学校か戦闘かのどっちかに重点を置いた方がいいと思うんですけどどうでしょうね。あと赤面しすぎ。


1月からのアニメですが、新作視聴予定は「ARIA The ORIGINATION」「狼と香辛料」くらいですかね。地上波は録画ミスるのでどっちもAT-Xで観ます。
「墓場鬼太郎」も観ますけど、関西テレビでの放送予定詳細がまだ出てません。

それからAT-Xでの再放送で12/22から「リリカルなのは」視聴予定。マリみてOVAも1月に放送予定なのでチェックです。
地上波では「電脳コイル」再放送始まったんでこれもチェックしてみます。

2007年12月14日

●マリしろ #99 未来の白地図「好き」 

山百合会クリスマスパーティで…
・
菜々ちゃんに「お姉さま」とか呼ばれたらショック死するんじゃなかろうか。
次回は12月21日更新!


さて「マリしろ」もあと2回で終了ですが、もちろんこれはやりますよ。
「マリしろ2007年総集編」2008年1月20日こみっくトレジャー11にて頒布予定!
2007年1〜12月の四コマ52本完全収録です、お楽しみに!

2007年12月12日

●冬コミ・シムーン合同誌「あさなぎ」告知と 

《※12月12日:表紙を完成版に差し替え、エントリー再投稿です。(内容は以前と同じです)》
・
僕自身は冬コミへの参加はありませんが、僕を含むシムーン好き四人で合同誌のリ・マージョン!やっちゃいました。

シムーン合同誌「あさなぎ」(オフセット・B5/24P/頒布価格300円)
参加者:
るかさん「インドまで何マイル?」(12/30(日)東O−05a)
らいぱのさん「Antenna Paranoia」(12/31(月)東4 モ-03a 「バハハイ」)
ゲスト・碧衣 悠さん「尾花。」(12/29(土)東G-02b)

ちなみに僕は二本立て・合計5ページ描いてます。→サンプル

二日目のるかさん、三日目のらいぱのさんのスペースで頒布予定です。また、1月20日のこみトレ11でも頒布を予定してます。


それから気が早いかも知れませんが、次の夏コミは申し込み予定で…今度は参加者をサイトで募集してシムーン合同誌第二弾を作るかもしれません。その辺のことはまたそのうち告知します。


《12/12さらに追記》
朝目新聞同人誌「WEEKLYアサ通」
アイマス四コマを1ページ描かせていただきました。頒布は29日(土) 東地区5ホール "シ"ブロック41aです。

2007年12月10日

●オプーナ 

・
福岡に帰省したら、マリオギャラクシーがオプーナに変身しました。

マリオギャラクシーはとりあえずクリア、スターは70個まで集めたけどもういいかなと。
操作が難しい水中面が多すぎでやる気が失せたのと、結局スター集めだけなのがどうも自分に合わなくて終了。タマコロはかなり面白かったんですけどね。
操作と言えばフライングマリオも難しかった。水中にしろこれにしろ、カメラ視点が常にマリオの後ろだったら違ったんだろうなと思いました。
以前も書いたけどBGMはすごく良かったです。クラブニンテンドーにサントラプレゼントが出るのも納得。


そういうわけでマリオギャラクシーはどこかの誰かの手に渡る事になり、「オプーナ」を購入した次第です。


火山をクリアしたところまで進めました。操作はヌンチャクのみで出来ますが、バトル中のターゲット変更や乗り物に乗ったり視点変更したりするためにリモコンも併用した方が便利ですね。

メインのストーリーを進めつつ、接客や釣りなどのライセンスを取得してアルバイトして、住民としてのランクを上げていったりと結構好きに遊べます。
メインが詰まった→アルバイトでもするか→メインストーリーが進んだ、ということもあるので幅の広い一本道の中で自由に動けるといった感じなのかも?この辺はまだ断言できないのでもう少しゲームを進めてみたいと思います。


バトルはリアルタイムで、スティック長押しでボンボンのエネルギーを貯めて発射して攻撃。ボンボンの発射方向を変えて後方の敵を先に狙ったりできます。
レベルが低いうちはちょっと苦戦しますが、アイテムでボンボン強化したりレベルを上げれば結構楽になります。

最初のドーム(街)がややこしい構造でいきなり迷いやすかったり、ドームの外は視点変更できないので見えにくい部分があったり、敵のエンカウント率が若干高かったりしますがそれ以外は概ね普通に面白いですね。これもBGMは良い。


さらに詳しいレビューはオプけもでおなじみ「かみけもチャンネル」さんをどうぞ。
『オプーナ』を遊んでみた
オプーナ、気になる初日の売上は・・・
続・『オプーナ』を遊んでみた

2007年12月07日

●マリしろ #98 薔薇のミルフィーユ「平和」 

とにかく平和なのです。
・
どーする乃梨子。
次回は12月14日更新!


さてここでお知らせ。
「マリしろ」もおかげさまで2年続いて回数も約100回、ここでひと区切りとして…
2008年からマリみて四コマのリニューアルを図ろうと考えてます。
具体的な変更点は

・ネタが白薔薇に偏らない
・志摩子さんの性格が原作寄りになる (しかし無意識に黒い所がでたりとか)

1番目に関しては、単純にもっと他のキャラも描いていきたいなというところから。
2番目は…黒志摩子さんもそれはそれで面白いんですが、「原作の性格の延長線上でのキャラ作り」という原点回帰をしてみようかと思いまして。

タイトルとかはまだ思案中ですが、来年からはそういう方向でやってみたいと思います。

2007年12月02日

●スーパーマリオギャラクシー 

・
現在は家でゲームするひまなくて、週に一度の友達との食事会(飲み会)の時だけやってる状態でして。
で、ヒゲのおっさんが宇宙を飛んだり跳ねたりするゲーム買いました。

アイスマリオ(スタンド名「ホワイトアルバム」)ステージまでプレイしました。集めたスターは30個近くかな?面白いけどハマるほどではないって感じですね。普通かな。

スティック倒した方向にそのまま移動するのは直感的でいいです。
カメラワークがあんまり自由じゃないのが…。まぁこの辺はオブリやデッドライジングなどで慣れてる部分があるのと、ステージ自体が360度移動可能なので仕方ないかなと。
また、水中での操作がわかりにくくて思うように進めませんでした。Zで潜る/Aで泳ぐのはわかるけど、スティックをどう動かすとどっちに動くかがさっぱり。
ノーマルステージでは「巨大要塞現る!」がかなり面白かったですね、大量の大砲の弾と電流よけまくりの緊張感がいい。


難易度はそこそこあってぬるい感じはありません。ステージによっては10機前後死んだりとか。
ただ…エイ乗りは二度としません(笑)。元々タイムアタック系が苦手なのに加えて、あれは「リトライしたい難しさ」ではなく「もうやらねーよ」って感じの難しさ。慎重に進んで3分40秒でクリア。
逆に、玉乗りは動かしやすくてかなり楽しかったです。

BGMはすっごく良いです。オーケストラで壮大な雰囲気が出てるのと、スーパーマリオ3を中心としたリメイク曲の懐かしさがもうね。


VCでマリオ64をプレイしたものの操作が難しすぎて慣れなくて、スター8個くらいでギブアップしたんですけど、操作がシンプルになった本作はクリアまでなんとかプレイできそうだと思います。スター120個収集は面倒そうなのでやらないと思いますけどね。