2006年07月31日

●シムーン17話感想 

16話感想でのちゅうへーさんのコメントを元に、ネタ描いてみました。
「究極巫女(きゅうきょくシヴュラ)りもね」
・
(画像クリックで見れます)


では感想、というか考察と予想みたいなのを。シムーンは今回も盛り上がりまくり、ストパニはうーん、いまひとつだったので感想はパス。ただ玉青ちゃんがかわいそうだったなぁ。

シムーン #17「遺跡」
遺跡でいろいろとあったわけですが…まさに「謎が謎を呼ぶ」ですねこれ。
・オナシア … 「どこにでもいる、そしてどこにもいない」つまり前文明の遺した、泉を管理するホログラムかも。

・テンプスとスパティウム … 二つの泉の名称?それとも遺物テンプスパティウムは二つで一組?「ここでは全ての時と場所が全ての呪縛から開放されている」遺跡の泉は別の時間と空間を繋ぐ場所?

・巫女アングラス … 8話でシムーンを巻き込んで自爆死。この時ヘリカルモートリスのなんらかの影響を受けて遺跡の泉、V型シムーンの中に飛ばされた? シムーンの破壊/消滅と共に死んだり消えたりした巫女はそうなるとか…?

・V型シムーン … 雰囲気から、現在のより旧式っぽい感じ。遺跡の泉に飛ばされた巫女が乗りこんで遺跡の防衛を?

・アーエルのじいちゃん … 遺跡の泉のことを知ってたということは、一部の特殊な立場の人間かもしくは…よし、やっぱり「じいちゃんはリモネ説」を押すよ!リモネとドミ姉は遺跡の泉に飛ばされて、いろいろあって夫婦になってその孫がアーエル。実家の納屋の奥にはロードレのぬいぐるみがあったりするんだよ!…それじゃばあちゃんもシヴュラだったことになるか。うーん。


それで、ロードレとマミーナはやっぱり固定パルじゃないんですかorz
パラ様はもう落ちっぱなしか。次回あんなことしたらもうダメなんじゃ…。次に消えるのはパラ様か?

Posted by Umekaz at 2006年07月31日 16:11
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://umekaz2.sakura.ne.jp/umeblog/mt-tb.cgi/2669

コメント

いまこそ泉へ旅立つのじゃよ。二人で汗とかの体液を噴出して高みへと昇天。
げぇえ礁国の手先がフラグを立てようと、わしを窮地へと陥らせようとした!?
こうなったら翠玉のリ・マージョンで飛行機械どもを虚数空間に転送してくれる!
無理でしたあァー!!こうなるのはもはや運命なんですかー!?リマージョーン!お願いだぁーーー!!

テンプスパティウムと彼女等だけの蜜あふるる約束の地その名もシムシム宮国
これは、シムシム宮国を目指す彼女等巫女の物語である。

リー様相変わらずだなあ…

「し、しむ~んに乗らないと空を飛べないんだな」
究極巫女あ~える

いやいや思いつきだけのコメントを絵にしていただいて申し訳ないですな。センキューですよ。

Posted by ちゅうへー at 2006年07月31日 18:19

>ちゅうへーさん
「なんで最近このアルクス・プリーマ みんなどんどん出ていっちゃうんだ?」
アーエル「なあに、私に恐れをなしたのに違いないぜ。」ガハハ
[バカが好きな理屈。]

ちょ、シムシム宮国って(笑)
泉帰還ネタは絵がすぐ浮かんだ上に、キムタクネタへの連動もパッとひらめいたので描かせていただきました〜。こちらこそありがとうございますです。

Posted by ウメ at 2006年08月04日 17:38

しかり!そうかいつもアーエルが出てくると落ち着かない感じがしてたのはアイツがバカだったからか!納得いった。あの頭の突起物も宇宙的な存在なんだな。
「シムーンに乗る事すなわち喜びさ!私が来たからにはもう確かな満足。自分なりのリマージョン!はあぁぁぁーりーけぇーん!グエエエ!ブオエェ!」
「わしら礁国にもシムーンの神秘をさずけてくれや」
「ギャワワワ!ウオオ!助けてえ!」

Posted by ちゅうへー at 2006年08月04日 20:11

>ちゅうへーさん
「アウレアスキー殿。
国防の重要性については、申し上げたとおりじゃよ━━
このアルクス・プリーマは我が国の生命線であり…」

Posted by ウメ at 2006年08月11日 23:00
コメント




保存しますか?