2006年08月30日

●MUSASHI、アニマックスで10月から 

本スレからの情報です。CSのアニマックスで10月19日からMUSASHI放送決定!
ANIMAX公式サイトから「MUSASHI」(半角大文字)で検索すると10月の放送予定が表示されます。

10月の新番組は他にも地獄少女(二期)やエマ、ホスト部など話題作が揃ってます。これを機会にケーブルテレビなどCS視聴環境を整えてみるのも良いですね。

《9/1追記》
番組詳細ページがありました。
あらすじの後半はWikipediaのコピペです…(笑)

2006年08月29日

●webラジオいろいろ 

マリみてやシムーンをきっかけに、webラジオに微妙にはまりつつあります。
音泉で聴き始めた番組を挙げてみます。
「うたわれるものらじお」 … オススメということで聴いてみました。結構良いですね、番組を知らなくても楽しめるタイプです。ていうか柚木涼香さんが一方的なラブラブで押し切っててそれが面白い(笑) なんですかこの人。

「麻衣&愛の電撃G'sラジオ ストロベリー・パニック!~お姉様といちごそうどう~」 … まあ…これは可もなく不可もなく普通かな?

「Solty Reidio」 … 31日まで公開録音SPを配信中。聴いたのはこれが初めてなんですが、むちゃくちゃ面白いじゃないですか!なんでこの二人、下ネタに走ろうとするかな(笑) 二人ともボケボケで笑いっぱなしです。発売中のラジオCDに公開録音SPを除く全放送分が収録されてるとの事で、これは余裕のあるときにぜひゲットして聴いてみたいです。

ARIAはかなり前に一度聴いてみたんですが、「キャラがラジオをやる」ってタイプのはどうにも苦手で…シムーンのネヴィリルやロードレアモンみたいに即興で適当にしゃべるのは面白いんですけどね。

●シムーンサントラ2 購入 

・
「シムーン オリジナルサウンドトラック 2」買いました。(amazonでチェック)
関連エントリー:シムーン サントラ1 購入
すでにご存知の通り、ジャケットが非常にエロスです(笑)

パラ様がネヴィリルを襲った(だが未遂)時や次回予告に使われてる「独りの勇気」、19話のクライマックスでマミーナが死ぬ時の曲「歴史は語る」が特にお気に入り。後者は曲を聴くたびにそのシーンを思い出してしまいます…あれは本当に場面と曲が最高にマッチしてた、名シーン。
風琴の曲も収録、ロードレの「翼の子守歌」もなかなか良い出来ですよ。

ブックレットの内容は以下の通り。
・コール・テンペスト キャラクターアルバム … 年齢/身体データ/趣味。総作画監督の西田亜沙子さんによる解説付き。
・音響スタッフ座談会 … 音響監督の辻谷氏、音響効果の山田氏、監督の西村氏による座談会。かなりのページを割いて語られてます。
・ダビング&アフレコドキュメント(1ページ)
・ロードレアモン「翼の子守歌」歌詞

座談会から一部抜粋。第17話「遺跡」のクライマックスでの選曲について。

西村「遺跡に対してあの音楽がついてるわけであって、ネヴィリルの気持ちについてるわけではないんです。これは希有な例だと思います。普通音楽付けはそうしませんからね。」
キャラの心情に合わせた選曲ではなく、シムーンの世界観に合わせた選曲をする…というのもこの作品の特徴であると。それが見事に成功して、独自の世界観を生み出してますね。
辻谷「普通ありえないですよね。あのワルツも、マイナーから入っていきなりメジャーに転調するんですよ。それって普通のアニメじゃかけられない。」
山田「しかもまたその場面がつらいシーンですからね。その曲が転調して明るくなるところが。」


さて第21話「新天地への扉」簡単に感想。
「リモネがアーエルのおじいちゃん説」消えてしまいました。シムーンはぶっちゃけた言い方をすればタイムマシンだったんですね。
さて、この時間移動でドミヌーラ・アムリア・ネヴィリルとアーエル…誰がどういう行動を取り始めるのか。連合軍の古代シムーンも5機編成でかなり強力になってて、戦況を一気に変えるには歴史改変が一番手っ取り早くはあるけど。

「手、小さいわよね」と言われて、真っ赤になって照れるアーエルが可愛かった(笑)

2006年08月27日

●こみトレ8 

こみっくトレジャー8 行ってきました。(公式サイト)
会場に着いたのが12時くらいで、空調も効いてて…予想はしてたけど人多いなやっぱり(笑)
ひととおり、というか会場中ぐるぐる回って大体どういうものか把握しました。
…公式ガイドは先に買っておくべきですねorz

・
マリみて・ローゼン・シムーン。引っ越し前ということもあってあまり買えなかったのが残念。
MUSASHI本がですね、見つからなかったんですけど…
1. 売っていたが、僕が見つけられなかっただけ
2. 売り切れていた
3. どのサークルも本を作ってなかった

さあどれだ?


次の「こみトレ9」は1月末、思い切って参加申し込みしてみようと思います。
今回行ってみて思ったんですが、僕がもしエロスなの描くとしたらオリジナルかな(笑) 普通の日誌で描いてるメイドとか。
版権ものでエロスは、今描いてるマリみて四コマ程度が限界です。

2006年08月25日

●マリしろ「ひざ上何センチ」 

志摩子さんの新提案。
・

祥子さまダメ人間だー!(ガビーン)

次回9月1日は新学期ネタ!…になると思います。
10月3日に新刊発売決定ですね。実はそろそろ短編集がくるかなと思ってたんですが、ちゃんと本編でした(笑) あとはストーリーに進展があればいいんですが…。

2006年08月22日

●夢姫、ソルティ、マミーナ 

GyaO配信中のMUSASHI第15話、後半8分15秒あたりからの夢姫とデスペラードの会話がちょっと百合的で良いです。これですよこれ。

それと「SoltyRei」が9月1日まで全24話一挙配信ということで、未見だった14話まで観ました。
よくわからなかったR.U.Cやローズのキャラもこれでしっかり把握、飛びぬけた傑作ではないけどかなり楽しめました。ロイを慕うソルティがかわいいな。「パパ、大好き」は笑ったけど良いシーンでした。もう一度最終回まで観ます。


シムーン第20話「嘆きの詩」は…まさに「美しければそれでいい」でした。シミレが撃墜され、棺桶から放り出されて花畑に横たわるマミーナ。風に舞う花びら。
そして、シヴュラの本来の役割を再認識し、マミーナ追悼のリ・マージョンを次々描くコール・テンペスト。
終盤にかかろうというここで、あえてストーリーを進めずマミーナのために一話使うってのもすごいなぁ。それも演出や脚本、構成がいいから全然退屈じゃないし。


27日インテックス大阪のこみトレに行ってみる予定です。こういうイベントに行くのは10年くらいぶり。近いうちに自分が売る側になるかもしれないんで、様子見も兼ねて(笑)

2006年08月18日

●マリしろ「プレゼント」 

瞳子反省…
・

まあ、どうみても変身セットだしそりゃ怒る(笑)
次回8月25日は…たぶん志摩子さん出ます。

webラジオの今週更新分、ミニドラマで乃梨子ちゃんが仏像知識を披露してて、四コマ描きながら笑った(笑) ゴロンタの新しい名前はもちろんそれで決定ですとも。

●「動物のおしゃべり」第1巻購入 

買いましたー。(amazonでチェック)
・
動物とおしゃべりできる幼稚園児・ミカちゃんといろんな動物たちの四コマ漫画です。
ミカちゃんは会話できるだけでなく動物を人間の姿として認識してるので、飼い猫サクラちゃんとお兄ちゃんのすごいシーンを見たりとか…。
初期のミカちゃんは微妙にキャラが黒い時があってたまらんですなぁ。

・
一コマだけ抜粋。
左が秋田犬のタロー、右が猫のサクラちゃん。安易な擬人化ではなく、普通の人間のようなデザインが基本です。カラスはガクランのヤンキーです。…で、動物園に行く話があるんですけどパンダがすごいことになってて…(笑)


記事書いてる途中で、以前書いた記事とほぼ同じ文章書いてることに気が付いた…。いかんなぁ。とにかくおすすめということです。

この漫画をきっかけに四コマ雑誌をぼちぼち読むようになりました、四コマって面白。マリみて四コマを半年以上続けておいて今更言うのもなんですが。(笑)

2006年08月16日

●シムーンほか感想 

シムーンは本当に毎週面白いです。関東じゃもう次の話が放送されてるわけで、4日遅れというのがあぁもどかしい。
ところでこの作品、登場人物と専門用語が多すぎるんで他の人にオススメしにくいんですよね。今週配信のwebラジオ第5回でも、高橋理恵子さんが未だにモリナスの名前覚えてなかったくらいだし(笑)

シムーン #19「シヴュラ」
マミーナがorz
嶺国の巫女を裏切り者としないために、ネヴィリルを救うためにシヴュラとしてその身を犠牲に…。
「これでいいのよ。…これで」
よくねぇよー!嶺国の巫女4人は、マミーナの死を無駄にしないためにも古代シムーンで頑張って欲しいです。立場上、どう行動すればいいのかが難しい所ですが。
このクライマックスのシーン、BGMがまた秀逸で場面の盛り上がりが何倍にも大きくなってる。本当に構成の隙が無いです。
そして最大の親友ロードレがマミーナの死を受け入れられるかどうか、お嬢さまは立ち直れるのか…?サブキャラではこの二人の関係はわりと多めに描かれてただけに、大きくクローズアップされるであろうロードレのこれからの行動も気になります。
あとパラ様はますます使えなくなってきてるけど、こういうのに限って最後まで残ったりするんですよね。

今回に限った事ではないですが、アイキャッチが本編に関連付けされてることが多いですね。今回はマミーナとロードレ、ここまで死亡フラグですか。
18話なんかは、冒頭の葬儀からほどよい時間が過ぎたAパート終了時に、白い翼に幸せそうな笑顔の天使風アングラスで不意打ちくらったし。単なる一枚絵にとどまらず、こういう部分での演出もうまいです。


ストパニはねぇ…静馬の話になるといまひとつ盛り上がらず。自分の求めてるのとやっぱりずれてるのかなあ。サブキャラがたくさん登場して、コメディっぽい話の方が面白いと思ってますけど…。これは関東と5日遅れか。

コヨーテラグタイムショーはあれ、どうなってるんでしょうか。第1回が一番面白くてあとはダレていく一方。7話使っても未だにグレイスランドに到着してないし、かといってキャラを掘り下げていくでもなくダラダラと時間潰ししてるだけに見える…。
まさか本当に内容がお宝ゲットするだけの話とか、そんなことないよね?お宝以上の予想外の展開とかあるよね?このテンポだと2クール必要なんだけど予定どうなってるんだろ。

MUSASHI、GyaOで今週配信の14話は信玄餅・釣り鐘・ラセツの凶悪三連コンボで大爆笑。信玄餅もさることながら、釣り鐘歩行が僕のツボに入った(笑) やばいです、見ただけで笑ってしまうこれはあの「ロウニン走り」以来ですよ。
作画以外にも、ストーリーが結構面白くなってきてて普通に楽しんでます。張りまくった伏線をどう回収するのか、できるのか。

●アカイイト・プレイ途中感想 

桂と烏月。烏月の顔がちょっとさっぱりしてしまった
・
「アカイイト」烏月ルートと葛ルートをクリアしました。すいません、過剰に期待しすぎててキスくらいはするだろうなとか思ってた(笑) 何かさわやかなエンディングでしたねぇ。
千羽烏月は良いキャラです。ちょっと中性的な言葉遣いに礼儀正しい立ち居振る舞い、精神的に頼れる人で桂にお似合いってことでも一番好きなキャラ。なんで一緒の布団で寝るシーンのCGがないのですか?自分で描けということですか(多分違う)

葛は、第一印象ではショタっぽい女の子でどうでもいいかなとか思ってたんですが、葛ルートでストーリーが進んでいけば結構かわいいじゃないの。ちょっとかわいそうな生い立ちなのがアレですが、2回目の吸血シーンで全部帳消しですよ。ふさふさのあの部位を撫でられ、必死で我慢しながら血を飲む葛がなんかエロス。

基本的には女性キャラだけでストーリーが進み、ルートごとに展開がかなり変化するので飽きずに楽しめますね。次はサクヤかユメイか。

2006年08月11日

●マリしろ「素直な気持ちで」 

山百合会の仕事は大変そうですが。
・

令さま卒業したら、さらに歯止めが効かなくなると思うんだ。
ていうか「チャオ・ソレッラ!」読んだらこの二人はこれ以外に組み合わせ思いつかないし(笑)

次回8月18日は瞳子登場…の予定。とりあえず乃梨子ちゃんは出ます。
ところで今回、制服に貼るトーンを切らしてしまっててそこだけフォトショップで処理してます。まあどうでもいいですが。

《8/12追記》トーン買ってきたんで、スキャンし直して画像差し替えました。

2006年08月08日

●アカイイト購入 

・
中古で「アカイイト」廉価版購入。(公式サイト)
百合ゲーだということは以前から聞いてて、昨日たまたま見かけたんで買ってみました。CERO15歳以上対象。

伝奇ビジュアルノベル?選択肢で展開が変わっていきます。かまいたちの夜みたいな「分岐図」も搭載でエンディング数は32と多いです。
伝奇ものということで、鬼とか血とかその辺の説明や展開がちょっと…アレなんですが、ストーリー自体はそれほどややこしいものじゃないのでさほど混乱もなくプレイできます。

とりあえずエンディングふたつ見ました。崖から落ちて死んだりとか(笑)。百合的なシーン今のところ無し。なんとかトゥルーエンド見るまで頑張ってみます。
血を吸われるシーンはちょっとエロスですね。

声優は…主人公は松来未祐さん、巫女アングラスとか此花光莉ですね(というか他に知らない)。
主人公の親友が能登麻美子さんですが基本的に携帯で話すだけで、しかも能登キャラっぽくないサバサバした女子高生です。最初気が付かなかった。


続編「アオイシロ」が開発スタートということで、こちらにも期待。

(これ買ったんで「メイド服と機関銃」は月末に購入します。)

2006年08月07日

●ゲーム&ウォッチコレクション到着 

・
クラブニンテンドーから、「ゲーム&ウォッチコレクション」が届きました。
当時のゲームほとんどそのままで、液晶の影までかなりの再現度です。ボタンのレスポンスは実機より良くなってる気がしますね。
WATCHモード(時計表示でデモプレイ)とアラーム機能もちゃんと搭載。ハイスコアはセーブできます。


「オイルパニック」… やたら難しいです。これはやり込んでも4ケタ点数行くかどうか…。
「ドンキーコング」… ゲーム機史上初の「十字キー搭載ゲーム」ですね。これは当時実機を持ってました、懐かしいです。鉄骨が連続で出てくるともうダメ、死にまくり(笑)
「グリーンハウス」… これが一番楽しいですね。難易度もそこそこに、上下画面を行ったり来たりでかなりのアクションを要求されます。


リアルタイムで実機で遊んだ事のある人なら、かなり満足できる出来だと思います。個人的にはグリーンハウスが高評価。こういう、単純にハイスコアを目指すやり込みってのもいいですよね。

2006年08月04日

●マリしろ「仮面のアクトレス「好きの相手」」 

最新刊「仮面のアクトレス」から。
といってもネタバレ要素は皆無ですが。

・

志摩子さんは特にどうとも思ってないみたいです。むしろ由乃と祐巳を観察するのが好きらしい。


次回8月11日は…まだネタ決まってませんがとにかく描いて更新します。同人用のネタも出してる最中なんで、ネタの選択に迷います。

●マリみてDJCDほか 

「DJCD マリア様がみてる 第1巻」買いました。(amazonでチェック)
・
(一番左のカードはGAMERSの特典です)
webラジオ「マリア様がみてる」のCD化第一弾。トーク部分とラジオドラマ、CDオリジナル企画を収録。
ゲストトーク収録内容は以下の通り。公開録音(第3回、第7回)と、なぜか第1回が未収録です。
・清水香里 (二条乃梨子・第2回)
・佐藤利奈 (武嶋蔦子・第4回)
・伊藤美紀 (小笠原祥子・第5回)
・池澤春菜 (島津由乃・第6回)
・篠原恵美 (水野蓉子・第8回)

ラジオドラマは第11回以外の全4回を収録、BGMやSEが一部再編集されてます。「リリアン戦隊ロサキネンシス」などはかなり大幅に変わってます。

CDオリジナルコーナー「教えて、お姉さま」。ゲストに「○○にするなら誰?」という質問を次々ぶつけます。「嫁にするなら」「娘にするなら」「資産運用を任せるなら」など(笑)

クリアな音質で聞くと印象もまた変わりますね。ボリュームもあって聴き応えは充分です。
初回封入特典の「魔法少女志摩子」カード、魔女っ子ではなくファンタジー系の白魔道士とか巫女みたいな感じ?白いドレスの志摩子さん。手にした「魔法のロザリオ」がふとんたたきにしか見えませんけどね(笑)

さて今週配信開始の第11回、ようやく能登麻美子さんがゲストでこの人も面白いなぁ。第10回の伊藤静さんの時もお互いかなり素で話してて、はっちゃけてて良かったです。


「チャオ・ソレッラ!」読み終わりました。ほとんど観光でストーリーは無いも同然なんですが、祐巳と由乃がラブラブだったり、イタリアだけにジョジョパロディにできそうなネタも多くて…もっと早く読んどけばよかったです。あと、トイレのことばっかり話題に出てた気がする。