2005年11月16日

●製作とメーカー 

名人とともにハドソンの名作タイトルを振り返る——高橋名人オンステージ (1/2) (ITmedia +D Games)
高橋名人、健在!…スターフォースのそれはないですよー?(笑)
ボンバーマン発売時にはこういう裏話があったんですねぇ。タイミングってやつは重なる時は重なると。
年末発売、僕らファミコン世代直撃の「ハドソン ベストコレクション」。個人的には「チャレンジャー」と「迷宮組曲」収録のVol.3が最強という印象です。その次にVol.5のシューティングですね。ロードランナーはハドソンからまだ販売できるんですね、開発元というか版権は別の所だったような。


『塊魂』開発者の高橋氏、英BBC記事でゲーム業界を批判 (Hotwired Japan)
BBCでのインタビュー記事はこちら
結局は商売ですからねぇ、その辺のバランスはどうしようもないのかも知れません…しかし歯がゆい所ではあります。記事の感じだと、「塊魂」シリーズは年末のPSP版以降の続編はないかも。ちょっと残念。

《amazonでチェック》

・ハドソンベストコレクション VOL.1 ボンバーマンコレクション
ボンバーマン・ボンバーマンII
・ハドソンベストコレクション VOL.2 ロードランナーコレクション
ロードランナー・チャンピオンシップロードランナー
・ハドソンベストコレクション VOL.3 アクションコレクション
チャレンジャー・迷宮組曲
・ハドソンベストコレクション VOL.4 謎解きコレクション
ナッツ&ミルク・バイナリィランド・サラダの国のトマト姫
・ハドソンベストコレクション VOL.5 シューティングコレクション
スターフォース・スターソルジャー・へクター'87
・ハドソンベストコレクション VOL.6 冒険島コレクション
高橋名人の冒険島、II、III、IV

Posted by Umekaz at 2005年11月16日 12:10
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://umekaz2.sakura.ne.jp/umeblog/mt-tb.cgi/2533

コメント
コメント




保存しますか?