2004年12月02日

●ねんがんの きみしねをてにいれたぞ! 

・
ニンテンドーDS 買いました。同時購入ソフトはもちろん「きみのためなら死ねる」。

さっそく電源ON。ユーザーネーム、ユーザーカラー、日付と時刻の設定、誕生日を入力すれば基本設定は完了です。

・
本体と GBAソフト、DSソフトの大きさ比較。DSソフトはかなり小さく、薄いです。
バイト先に置きっぱなしにする予定なので、名前もしっかり貼ってます。
「持ち物に名前は書いておくものだね」(青田先生)

・ ・
ソフトを入れて電源を入れると、メニュー画面が出ます。(設定でオートスタートにも出来る)
DSとGBA両方のソフトを入れててもOK。このメニューから始めたいものを選択してゲームスタートできます。
ちなみに、ピクトチャットは通信相手がいなくても起動して描くくらいは出来ます。
「ワイヤレス通信の射程距離外か…」
こないだのDSイベントでもそうだったんですが、ピクトチャットでお絵描きするのすごく苦手です。
なんか上手く描けないんですよねぇ。狙ったとこに線が引けない。


さて…いよいよ(・∀・)ラヴィ!!
「きみのためなら死ねる」
すごいです。全編ラヴィってます。
本編は3時間もあればひと通りクリアできますが、その後の「ハード」モード出現や、一度クリアしたミニゲームをプレイできる「メモリーズ」など、やりごたえは充分。
…まぁ、個人的にはあと10個くらいミニゲームあってもよかったかなとか思いますが、そんなこと言ってたら「さわるメイドインワリオ」買ったほうがいいし。ていうかそっちも欲しい(笑)

●「本編」…ストーリーモードです。全体の感想としては、前半〜中盤までが一番面白いです。終盤は…うーん(笑)
苦戦したミニゲームは「ダンス」「カート」、一番てこずったのは「ヘビ」。うまく動かせないんですよー。
指定されたセリフを叫ぶ「マイク」はかなり恥ずかしいです。人前じゃ絶対できません。あんなセリフ言わせないで下さい(;´Д`)
途中、なんだかエロスな展開も…見方によりますか?いや任天堂ハードでは、あれはエロスだ。脱がすなんて。
一度クリアすると「ハード」モードとサウンドセレクトが出現します。現在、ハードモードプレイ中ですがむずいわこれ。

●「メモリーズ」…本編で一度でもクリアしたミニゲームはここに登録され、自由に遊ぶことが出来ます。
…が、本編と違って一度ミスしたら終わりな上に、レベル1から10まで一気にクリアしないといけないので非常に厳しいです。
途中でミスしても、クリアしたレベルまでの星は記録されます。獲得した星は「マニアックモード」に反映されます。

●「マニアック」…彼女の髪型や服を替えられるモード。本編の4コマデモに隠れてる「隠しラビット」を見つけて集めたり、「メモリーズ」で収集した星の数で各パーツが増えていきます。
服装変更が反映されるのは本編のミニゲーム選択画面とクリア画面、「ダンス」など一部のミニゲームです。

●「サウンドセレクト」…これ10曲しかないよ(笑) 例の曲はアレンジバージョンが4曲。ボイスセレクトも出来ます。女性の声で「(・∀・)ラヴィ!!」
上の画面ではみんなでクネクネ踊ってます。終わりのある曲だとサタデーナイトフィーバります。

本編とは関係ない機能ですが、ボイスレコーダー機能とかもあります。
1.5秒だけ録音できて、録音した声はメインメニューで流れてる例の曲の「ラヴィ!!」部分で自動再生されるという…僕はしません(笑)

《amazonでチェック》

・
ニンテンドーDS
・
きみのためなら死ねる

Posted by Umekaz at 2004年12月02日 12:42
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://umekaz2.sakura.ne.jp/umeblog/mt-tb.cgi/2320

コメント

こっちも同じセットを買いました。 さすがに会社では遊びません。 ケースがGBAより大きく、ソフトが小さいのは珍しいです。 約6時間後にプレイ予定。

Posted by ハイプレーンズ・ドリフター at 2004年12月02日 12:53

こないだはどうも、アルトです
現在きみしね無人島まで行ってヘビで止まってます_| ̄|○
マイク、恥ずかしいっすねー
ってアレ、ロウソクと同じ要領で息吹きかけたら難なくクリアできました・・・
もしやそこはツッコんではいけませんでしたか!!?

Posted by アルト at 2004年12月02日 20:54

クリアしました。 ここまでゲーム相手に本気になったのは他に「マザー2」「とんでもクライシス!」と「鈴木爆発」でしたねぇ・・・ しかし「本気でバカをやる」ということは意外と疲れます。

Posted by ハイプレーンズ・ドリフター at 2004年12月03日 11:37

>アルトさん
ども、こないだはお疲れさまでしたー。
自分だけかと思ってましたが、やっぱりヘビ難しいですよね。
マイクは…吹いちゃダメです、照れないで叫んで下さい!(笑)

>ハイプレーンズ・ドリフターさん
「本気でバカをやる」これ重要ですよね。制作側もプレイする側もこれができてないと、バカゲーがクソゲーになってしまいます。
「鈴木爆発」は僕もハマりました、PS本体は壊れてますが売らずにまだ持ってます。
これもDSで続編出したりしたら売れそうですよねー。少なくとも僕は買いますね(笑)

Posted by ウメ at 2004年12月03日 18:20

オプションで英語に変えると、ちょっと命令も変わります。 「マイク」では「シンボータマラン!」はなくて「talk to her!」でアドリブで愛のシャウトをするみたいです。 「愛にマニュアルはない」のルールにしたがっているようです。 もちろん愛は吹くことでは勝ち取れないです。

Posted by ハイプレーンズ・ドリフター at 2004年12月06日 09:40

>ハイプレーンズ・ドリフターさん
英語モードはまだやってないんで、試してみます。
それにしてもアドリブとは、またアバウトな(笑)

Posted by ウメ at 2004年12月10日 10:58
コメント




保存しますか?