2004年10月02日

●マリア様がみてる「特別でないただの一日」 

ネット上でうっかりネタバレ見てしまうのを回避すべく、昨日発売の最新刊をゲットしましたよハハハ

・マリア様がみてる 特別でないただの一日(AA)
以下ネタバレ遮蔽
芝居の準備とかは前ふりで、エピソードの中心は可南子だったってとこでしょうか。全体の半分近く使って芝居の準備を描いてたのに、本番は回想だけで終わりだし。
そして後半は、ページ数が少ない中にいろんなキャラを詰め込んでるから、あんまり深く描かれなかったのがもったいないかなと。志摩子さんとお父さんのやりとりとか、チケットをおっさんに渡した後全く言及されなかった王子の動向も見たかったわけですが。
前半は冗長、後半は詰めすぎと、面白くない訳じゃないけど、ちょっと物足りない一冊でした。
ページ数をもっと増やすか、前後編にするくらいの勢いでもよかったんでは…。可南子の父子問題をさらっと片付けたのは内容が重々しくならないためにも正解だと思いました。ライトノベルだし。
ところでドリルが良いです。この巻で好感度上がったかも。祐巳が瞳子の手を取って瞳子のクラスに行く時、祐巳の手を握り返したりして、祐巳の妹はドリルがいいなぁーとか思ったり(そんなことでか)

ついでにこれも買いました。
・マリア様がみてる レディ、GO!(AA)
買おうと思った動機は、マリみてお絵描き掲示板に貼られていた日々是安穏。さんのこのネタ絵を見て。
この状況、原作ではどうなってるのか気になったので(笑)

感想ですが、こりゃ最新巻より面白かったです(笑)
上記のネタもよく理解できたっていうか、原作ですでに充分笑える状況になってたわけですね。面白いよこの一年生トリオ。
志摩子さんも僅かながらの出番でしっかり存在をアピール。カゴしょってオロオロて、これはかわいいだろうなー。

Posted by Umekaz at 2004年10月02日 10:46
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://umekaz2.sakura.ne.jp/umeblog/mt-tb.cgi/2265

コメント
コメント




保存しますか?